子育てサロン ブログ

 

活動の様子

活動の様子
フォーム
 
サロンのちびっ子画伯達!!
2021-06-12
せっかくの広いサロンのお部屋。今日は大きな紙を床に敷き詰め、クレヨンでダイナミックにお絵かきしちゃおう!
初めてのお絵かき体験をしたお友達や、いつもと違った思いっきり描ける環境に大興奮のお友達、お洋服や手が汚れても気にせず黙々と描いてるお友達、それぞれ皆とっても楽しそうでした。
 
お家で初めてお絵かきをさせるのに、どんな画材を用意しようかお考えのママ達にここで「クレヨン」について簡単にご紹介しますね。
クレヨンは大きく分けて「油性クレヨン」「水性クレヨン」「ミツロウクレヨン」の3種類があります。
「油性クレヨン」は軽いタッチで素朴な味のある絵が描ける事が魅力。一方子どもが壁や家具に描いてしまったら消えにくいということが。
「水性クレヨン」は水で簡単に落ちるので、のびのびと気にせずお絵かきが出来ます。お洋服についてもお洗濯で落ちるのでいいですね。また、発色もよく水でぼかすと絵の具のような仕上がりも出来ます。
「ミツロウクレヨン」は身体に優しい事が特徴。子どもが誤って口に入れても害が少ないので、なんでも口に入れる小さいお子さんに向いていますね。
 
ちなみに、サロンでは「ミツロウ入り水性クレヨン」を使用しています。
(詳しく知りたい方はお気軽に指導員に声をかけてください!)
クレヨンといっても色々種類がありますね。これから準備される方はそれぞれのお子さんに合った物をご用意してくださいね。
お絵かきは手指のトレーニングにもなり、脳の神経も刺激され、発達にも繋がります。自分の気持ちを絵で表現する事で、感受性も豊かになり表現力や想像力も培われます。言葉でうまく表現出来ないお子さんは絵を描くことでストレスを発散することが出来、気持ちも安定するでしょう。
そして何より、お絵かきを通して親子でコミュニケーションをとるための手段としてとても素晴らしい遊びです。
 
くだもの大好き!イチゴの風船
2021-06-12
暖かくなり、スーパーにも子ども達の大好きな季節の果物が並び始めましたね。
サロンのお部屋も今が旬のイチゴが沢山!風船を使った大粒のイチゴを作りました。
ママと一緒に、小さいお手々でイチゴの種に見立てたシールを真剣に貼っていました。
 
さて、最近ママ達の話題で出てくるのは、離乳食完了期を迎えた頃に出てくるお子さんの好き嫌いについて…。お野菜は「いやいや!」好きな果物ならパクパク食べるんですよ~」食事は毎日の事なので頭が痛いですね。
先日、こども園の栄養士さんがサロンに遊びに来てくれ、ママ達へ小さいお子さんへの果物の食べさせ方についてお話をしてしてくださいました。
果物は甘味が濃いので、舌が覚えてしまうと好き嫌いの原因に、甘い物を先に沢山食べると食欲が落ちるのでメインの食事に影響がすること、量は大人の思っている量より少なめに!バナナ1本、ミカン1個は多いですよ。とアドバイスを頂きました。
大事なビタミンが摂れる果物。うまくとりいれながら頑張りましょう!
赤川認定こども園には専属の栄養士さんがおります。もし今後もお子さんの食事に関し困った事、悩んでいること、聞いてみたいこと、今回のお話ももっと詳しく聞きたい等ありましたら、サロン指導員を通し質問することが出来ますので気軽に声をかけてくださいね。
 
5月ミニ講演会「お散歩に行こう」
2021-05-22
皆様こんにちは。北海道もまた新型コロナウイルスの影響で緊急事態宣言がおりましたね。子育てサロンは今後も感染防止対策をより一層徹底しながら開設したいと思います。引き続きご協力のほど宜しくお願い致します。
最近は暑い日だったり寒い日だったり、雨が降ったりやんだりとお天気のご機嫌が不安定ですね。人間の免疫細胞は36.5~37.0で正常に働くそうです。冷え性や低体温(36.0以下)だと格段にその機能は下がってしまうようです。体調を崩さない為にも衣服の調節をこまめに行い、ウイルスに打ち勝つ元気な身体を保ち過しましょうね。enlightenedまた、寝不足とストレスも免疫細胞の働きを弱めるそうなの併せて気をつけていきましょう!!
 
さて、5月のミニ講演会はお散歩へ出掛けました。5月13日(木)と5月20日(木)の2回行いました。両日ともお天気に恵まれ、暑過ぎず、寒過ぎず、とても良いお散歩日和でした。
春の日差しを浴びながら、途中に咲いている草花を観賞し、サロン近くの赤川幼児公園で遊具や砂遊び、シャボン玉遊びを楽しんで来ました。
この日ママ達の話題は「日焼け」について。cool紫外線は浴びる事によって「ビタミンD」という骨の成長には不可欠な栄養を体内で合成する事が出来ます。健康な骨の成長の為には食物以外からも栄養をとり入れる事が重要となります。しかし浴び過ぎは皮膚病の原因にもなります。赤ちゃんは特に大人より皮膚の層が薄く、敏感ですので日差しの強くない時間帯を選び、帽子や上着、日よけを利用しながら強い日差しを避け適度にお外に出る事をお勧めします。「日焼け止め」を使う場合は大人用は子どもの皮膚に負担が大きいので、使用するのであれば”ベビー用”をお選びください。必ずパッチテストをし、お肌に合っているか確かめてからご使用くださいね。あと、塗りっぱなしはお肌に負担をかけてしまいますのでお家に帰ったら洗い流す事も忘れずに!
これからどんどん暑くなっていきます。日差しと上手に付き合いながら親子で楽しいお外遊びを楽しんでくださいね!!
qrcode.png
http://akagawa-kyouai-kai.jp/
モバイルサイトにアクセス!
<<社会福祉法人函館共愛会赤川認定こども園>> 〒041-0804 北海道函館市赤川町161-2 TEL:0138-34-3939 FAX:0138-34-3377